決算公告の3つの方法に関する本音と建前

株式会社を設立をするにあたって作成する定款に公告の方法を記載する必要があります。つまり公告の方法は会社を設立する前に決めなければならないことの一つなのです。

公告とは、普段良く目にする「広告」とは似て非なるもので、会社法で定められた重要情報について利害関係者に伝えることです。たとえば、毎年実施する決算、その他、会社合併、株式併合、解散など会社の組織変更等の内容については、利害関係者に周知するために「しなければならない」と会社法に定められているのです。

一番ポピュラーな公告が決算公告です。新聞で見たことがある方もいると思います。ですが、日本中の会社が新聞紙上で決算公告しているわけではありません。一番多いのは官報という国が発行する機関誌です。官報(カンポウ)なんてクスリですか?というヒトの方が多いでしょう。

ここでは、こうした状況を踏まえて、会社設立をするに際して、決めなければならない公告の方法をどう決めれば良いかについて説明していきたいと思います。

この記事の続きを読む

設立時の本店所在地が自宅住所で良い4つの理由とメリット・デメリット

会社を設立する際には、「本店所在地」を決めて定款に記載し登記する必要があります。

オフィスがあれば、オフィスの住所にすれば良いでしょうが、設立する段階で事務所の賃貸契約が出来ているということも希ではないでしょうか。

そうなると、自宅の住所にするしかない?となるかもしれませんが、本当にそれで良いのか!?

この記事を読んで確認してもらえたらと思います。

この記事の続きを読む

会社の事業目的を決めるための8のポイントと4の記載例

 

「会社を作って何をするかは決まっているけれども、それをどんな風に定款に記載すれば良いか?」

そういう方のために、この記事をご用意させて頂きました。

実は、単に、いま、あなたが思っていることだけ、文字にするだけでは足りない!ということもあるんです。

そこで、会社の目的の決め方の8個のポイントをご紹介するとともに、実際に4業種の会社の目的を例示してみたいと思います。

この記事の続きを読む

会社名(商号)を決めるための9のヒント

会社を設立するときにまず決めなければいけないのが会社名(商号)です。

会社名は原則自由に決めることが出来ます。しかし、自由だからこそ、どんな会社名にすれば良いのか困ってしまう方が多いようです。

会社名は、一度決めたら何度も何度も使うことになります。だからこそ、後々後悔ないように決める必要があります。しかし、そう考えると益々決めるのが難しくなってしまいます。

そこで、今回、起業コンサルタントの我々が、日頃、起業家の皆さんに提案している会社名を決めるための9つのヒントをご紹介したいと思います。

ぜひ、9つのヒントを使って、納得出来る会社名を付けて下さい。

この記事の続きを読む

申告期限や納税期限が過ぎそうになった時の対処法

申告期限・納税期限が迫ってきた。顧問税理士は早く資料を渡せという以外アドバイスがない。

「資料がなければ申告できない」なんて、「屏風の虎を出せと言っている一休さんかよ!」と悪態をついてる間にも時間はすすんでしまう。。。

そんな状態の起業家に捧げる、申告期限・納税期限に間に合わない場合の正しい対処法をお伝えします。

この記事の続きを読む

同じ設備投資額で法人税を10倍節税する会計処理の方法

一円もお金をかけずに、会計処理方法の違いだけで、法人税の額が10倍以上変わってくることがあります。

多額の設備投資をしたその年に、会計処理方法の違いだけで、法人税の額を10分の1にするということです。

いまから、その方法について、紹介していきたいと思います。

 (出所 1-4-1 固定資産の見直し

この記事の続きを読む

全ての起業家に捧ぐ!売上を上げて黒字化するための全手法43+1

実行すれば売上増につながる実績のある方法を44個紹介します。いわゆる売上増の手法43個と売上下降局面に採りうるべき対策1個です。

売上増の手法の43個は大きく3つに分類されます。

  1. 客単価を上げる方法(8個)
  2. 成約率を上げる方法(17個)
  3. 見込客数を上げる方法(18個)

こうした分類をするのは、あなたに売上を上げる仕組みを作って欲しいからです。

読了後、自社に最適な方法のいくつかを実践すれば、納得づくで売上を増やして黒字化する仕組みを作ることが出来ることでしょう。

偶然ではなく計算尽くで黒字にする方法を、いますぐ手に入れて下さい。

この記事の続きを読む

全ての起業家に捧ぐ!オーナー社長の所得税の16の節税対策

オーナー社長は多額の役員報酬を受け取り、その結果として多額の所得税を納税しています。

役員報酬を減らせば所得税は減ります。しかし、手取りのキャッシュを減らしたいオーナー社長はいないと思います。

そこで、役員報酬からの手取り額を減らさずに節税する手法をご紹介させて頂きます。

これからお伝えする方法で億を超える所得税をゼロにしたお客様が何人かいらっしゃいます。

それは無理でも、この記事を読んで節税対策を実行して頂くことで、自分は税金払い過ぎなんじゃないか?という心配を無くすことが出来るでしょう。

この記事の続きを読む

運転資金を確保するコツと適正なキャッシュの残高について

会社を存続させ、さらに成長させるためにも運転資金は多いに越したことはありません。とはいえ、銀行から融資を受けて運転資金を増やせば、利息というコストを支払う必要があります。

「いくら手元においておくべきか?」は財務的には難しいテーマです。

今回は、適正な運転資金についてのビズ部の答えを解説していきます。

この記事の続きを読む

役員退職金で節税するための2つのポイント

役員退職金で多額の節税が出来るということは良く知られています。

生命保険の営業マンに教えてもらった。という経営者の方も多いのではないでしょうか。 

しかし、多額の節税が出来るということは、それだけ税務リスクが高いということです。つまり、正しい知識を持たずに役員退職金を利用することは危険ということです。

これから、役員退職金の税務リスクがどこにあるのか?とその回避の方法・考え方をご紹介したいと思います。

この記事の続きを読む